読み込み中…

READY TO ROCK?

Click the button below to start exploring our website and learn more about our awesome company
探索を開始

パトロン探し

 ズボラな女子大生の私でしたから、より手軽なパトロンには興味を持ちました。
普通に沢山のお仕事して、ちょっとの収入を得るよりも全然楽しいし楽。
食事に、お付き合いするだけ。
美味しいゴハンまで食べられる。
最高すぎの収入方法です。
だからパトロン探し、絶対成功させてやるって気持ちでした。

 知らないうちに、仲間内でパトロンを作った女の子がいました。
最近、豊かな生活を送っていると思っていたのですが、パトロン探しに成功していたようです。
彼女に話を聞いたところ、メジャーな出会い系の利用。
それで、パトロンは発見出来ると断言されました。
必死になってアルバイトが出来ない私としては、パトロン探しの方法が分り、すぐに相手募集しなければいけない気持ちを強めてしまいました。

 彼女の使った出会い系アプリを利用。
彼女の話していた通り、高い安全性を感じながら、期待を込めて募集を投稿。
きっと、年齢的にも魅力的な金銭の出会いがあると思えてしかたがなくなっていました。
パトロン探しにワクワクしてしまいました。

 パトロンは、ちょっと特殊な関係とも言えるかもしれませんね。
デートだけでお金をくれる関係です。
お金くれるパパ
だから、セフレ関係のように、すぐになんて言うわけに行きませんでした。
それも承知の上で、利用していたため、焦る気持ちはありませんでした。
ひたすら掲示板更新。
こうすることで、デートで支払い可能な男性からのメールが届くようになっていきました。

 メールから通話、そして面接。
この流れって、結構ドキドキするものでした。
最初に待ち合わせした人なのですが、あまり私が気に入らなかったのか、渋い顔をしていました。
それでも、交通費として3000円ほど渡してくれました。
残念ながら、パトロンにはなってもらえませんでした。

 3人目の人との面接の時、確かなる手応えを感じました。
相手の人凄く御機嫌。
「来週、時間作って食事に付き合ってくれ」
言われた時の感激って、今でも新鮮に残っています。

 都度払いの約束、金額は2万円だったのですが、交通費として+5000まで出してくれて。
もう感激しまくりでした。
「週1回ぐらい待ち合わせ出来る?」
この言葉も、私の心を刺激しまくりました。
出会い系アプリで、パトロン探しに成功。
週1回のデートを楽しんでいます。
ちょっと欲が出て、2人目のパトロンも探そうかって、本気で考えてしまっています。
パトロン募集
パトロンの意味

error: Content is protected !!