セフレアプリのひまトークを利用してみて、簡単にアポを決められたですけれど、プロフィール写メとはまったく違ったブサイクの女の子がやってきてしまいました。
さらにひどいことに、相手はまったく反応をしてくれないし、2万円も30分で取られてしまったのです。
まったくしっくり来ないなって感じで、会社の同僚に今回のことを話てみることにしたんです。
「無料の出会いアプリなんか使ってしまったのか、だからそんな目に遭うんだよ(笑)」
彼は笑いながら言ってきました。
「まさか山田花子がやってくるなんて思ってもみなかったからな、それに反応してくれないし、2万円も取られちゃった」
「エッチした相手、素人じゃないな」
「素人じゃないってどういうことなの」
素人じゃないという彼の言いたいことが、まったく理解できなかったのです。
僕のリテラシーの範囲をはるかに超えた、そんな言葉に聞こえてしまっていました。
「無料のアプリだからさ、すぐにセックスできるのって100%援デリっていう業者だよ」
「それってもしかして風俗…」
「その風俗だな(笑)」
驚くことに風俗業者が相手だったので、このような被害に遭ってしまったようだったのです。
「2万円も出す価値がないから、二度とそのアプリは利用しない方がいいね。
もし素人とただまんしたいんだったら、出会い系サイトの公式アプリにした方がいいな」

「そんなに公式アプリで良いの?」
「評判が高い出会い系サイトの公式アプリなら、間違いない。
確実に素人がいるし、本人確認も必要だから業者とかいないし」
とても詳しい内容を同僚が話してきて、ただ驚かされるばかりでした。
実際に彼は出会い系サイトの公式アプリを利用することで、無料でエッチな関係を作ることに成功しているらしく、その武勇伝まで聞かされていく事になりました。